HOME
ニュースリリース
社長挨拶
会社案内
事業案内
技術の特徴
リンク
問い合わせ
サイトマップ English

 

多機能型がんDNAワクチンの創薬

 DNAワクチンは、抗原蛋白質をコードする「遺伝子」の形で抗原を生体に接種するという、分子生物学的技術に基づく最先端の免疫法です。その製造の容易さや高性能化できる可能性があることから、蛋白質ワクチンに続く次世代のがんワクチンと目されています。当社では、抗原蛋白質をコードする遺伝子を目的の生体内部位に送り届けると同時に、種々の免疫刺激分子を発現して免疫系を総合的に活性化できる「多機能・高性能のがんDNAワクチン」の開発を目指します。既に関連特許を確立しており、新たな科学的事実を取り入れながら機能と新規性をさらに高めるべく、研究パートナーである三重大学と共同で基礎及び探索研究を実施しています。



【 戻 る 】