HOME
ニュースリリース
社長挨拶
会社案内
事業案内
技術の特徴
リンク
問い合わせ
サイトマップ English
クリックすると拡大します。
クリックすると拡大します。


当社は画期的な新薬を医療現場に提供することをミッションとし、特に「がん」と「免疫」をキーワードとして次の4つの分野で創薬事業を進めています。

CHPがん蛋白質ワクチンのグローバルな開発と事業化(下線部クリックにより詳細説明へ)
下記のCHPがん蛋白質ワクチンを国内外で幅広く開発および事業化していきます。

- CHP-NY-ESO-1ワクチン
- CHP-MAGE-A4ワクチン
- 上記2種に続く新たなCHPがん蛋白質ワクチン

・CHPを応用した次世代バイオ医薬の創出

CHPをバイオ医薬(蛋白質医薬)のデリバリーへ応用することによってバイオ医薬の性能向上を図り、患者への負担を軽減した次世代バイオ医薬の創出を目指します。

多機能型がんDNAワクチンの創薬 (下線部クリックにより詳細説明へ)

CHPがん蛋白質ワクチンに続く次世代のがんワクチンとして、複数の抗原蛋白質や免疫制御分子の遺伝子をコードしたDNAによる免疫、すなわち「多機能・高性能のがんDNAワクチン」の開発を目指します。

免疫制御メカニズムの探求による「免疫疾患治療薬」の創薬(下線部クリックにより詳細説明へ) 

がんと免疫に研究で得られた制御性T細胞に関する知見を応用し、難治性の免疫疾患に対する全く新しい治療薬の研究を進めます。