HOME
ニュースリリース
社長挨拶
会社案内
事業案内
技術の特徴
リンク
問い合わせ
サイトマップ English

 
がんDNA ワクチン

DNA ワクチン技術は、抗原蛋白質をコードする「遺伝子」の形で抗原を生体に接種するという、分子生物学的技術を取り入れた最先端の免疫法です。DNA ワクチンは、プラスミドDNA として投与することが可能であり、またウイルスベクターなどに組み込んで生体内に送達することもできます。
例えばプラスミドDNA のかたちでDNA ワクチンを皮下に投与すると、プラスミドDNA は皮下細胞に取り込まれ、その細胞内で目的の抗原蛋白質を産生します(図)。その後は蛋白質ワクチンと同様、産生された蛋白質が抗原提示細胞に取り込まれたのちにT細胞に抗原提示され、これを活性化します。
DNA ワクチンは、蛋白質ワクチンと比較していくつかの長所を有しています。例えば、製造が比較的容易である他、様々な工夫を凝らして高性能化を図る余地が大きい点もDNAワクチンの特長となっています。当社では特にこの高性能化という点に注目し、抗原蛋白質をコードする遺伝子のほかに、免疫系を総合的に活性化するための種々の免疫刺激分子の遺伝子も搭載した「多機能・高性能のがんDNA ワクチン」の開発を目指しています。
当社ではすでにいくつかのプロトタイプのDNAワクチンを検討中で、例えば「キラーT細胞が認識する抗原蛋白質」「ヘルパーT 細胞を刺激する抗原蛋白質」「抗原提示細胞を活性化する免疫刺激分子」「制御性(抑制性)T 細胞を沈黙させるシグナル分子」の多コンポーネント搭載DNAワクチンの評価試験を進めています。今後は非臨床試験での安全性確認などの過程を経て臨床試験へと展開していく予定です。

【 戻 る 】