HOME
ニュースリリース
社長挨拶
会社案内
事業案内
技術の特徴
リンク
問い合わせ
サイトマップ English


 (株)イミュノフロンティアの社名は、Immuno-「免疫」の意と、Frontier「最先端、未知の領域」をつなぎ合わせて命名されました。

(株)イミュノフロンティアはCHP(Cholesteryl Pullulan)を基盤としてワクチンや免疫製剤の開発に挑み、皆様の健康への貢献を目指す創薬ベンチャーです。

 癌に対する治療薬では、医療用の癌ワクチン開発をおこなっています。癌治療薬では、抗体医薬に続く次世代の癌免疫療法として「癌ワクチン」の研究開発が、近年精力的に進められています。癌ワクチン治療は、「体内の癌細胞を見つけ出す(免疫の特異性)」、「癌細胞を破壊・駆逐する(キラーT細胞の細胞傷害性)」、「抗癌作用が持続する(免疫の記憶力)」という、他の治療薬に類を見ない大きな特徴があります。このように癌ワクチンは、癌細胞だけを狙い撃つことができる極めて副作用の少ない癌治療薬であると期待されています。

 また、抗原を貪食してリンパ球に提示しその抗原を持つものを殺傷させる、貪食細胞(抗原提示細胞)が多数存在するリンパ節に抗原を効率的に運搬させることが可能であるCHPを利用して、我々は、新規CHPワクチンの創薬、CHPバイオ医薬の創薬をおこなっています。また、多機能・高性能の次世代の癌DNAワクチンの創薬も目指しています。

 CHPという世界的にユニークかつ優れた技術を持つ(株)イミュノフロンティアは、長期にわたりがん細胞の増殖や再発、転移の抑制が可能な癌治療薬の開発、また、デリバリー技術のCHPを活用した新たな創薬を行うことにより、新薬を待ち望んでおられる患者さまをはじめ、そのご家族、株主・投資家の皆様、社会一般の方々のご期待に添えるよう邁進していきます。

代表取締役社長 菱田忠士